TEL

休業補償 | 立川・昭島の交通事故・むち打ち施術なら おおくぼ整骨院

お問い合わせはこちら

休業補償


休業補償についての相談は立川・昭島・武蔵村山のおおくぼ整骨院まで

休業補償って何?

休業補償とは、仕事中の病気や交通事故で、仕事ができなくなってしまった時に支払われる補償です。

休業してしまうと、本来は給料がもらえなくなってしまい、収入が減ってしまいますたが、休業補償によって、賃金が支払われます。

休業補償の対象となるのは、労働時間中に事故にあった人で、業務に関連した被害というのが前提です。

休業補償の内容や条件について詳しく知りたい方は、お気軽に立川・昭島・武蔵村山のおおくぼ整骨院までご相談ください。

おおくぼ整骨院で休業補償を受けることもできる?

事故による休業補償は、医師による診断書が必要になります。
そのため、基本的には、事故の直後に診断を受けるところは病院となります。

休業補償は、接骨院に通っていても病院に通っていても同じ扱いです。
よって、たとえ診断は公的医療機関で受けても、事故の治療をおおくぼ整骨院で受けることは可能です。

休業手当とどう違うの?

休業手当と休業補償は似ているため、混同されやすいです。
どちらも仕事を休んだ時に支給されるものに変わりはありません。しかし、所得税課税対象となるのかどうかという違いがあります。

休業補償と休業手当の違いは他にも、発生の理由や支払元の違い、所得税の課税対象となるかならないか、という違いがあります。

休業補償は、仕事中に発生した病気や怪我で、労災保険から支給されるお金です。
労働できない状況に陥って、収入を得られないことに対する手当なので、賃金扱いされません。

その一方で、休業手当というのは景気が悪くなり、工場の閉鎖が余儀なくされた時や、会社の一方的な都合によって休業する時、原則に基づいて会社側が、所定の賃金を支払うものです。

休業補償は労災保険に基づいている

休業補償は、労災保険に定められているものなので、労災保険に基づいてしか支給されません。
会社の就業規則によっても、その支給ルールを変えることはできません。

相手が誰であっても、一律の基準が適用されます。
会社が事業説明を拒否するなどで事業主による証明が得られなくても、労災保険の請求をすることは可能です。

この場合は、労働基準監督署に相談することといいです。
その他、おおくぼ整骨院でも休業補償についての相談を受け付けていますし、事故による症状を治療することもできます。

事故後、つらい症状がなかなか治らない場合も、当院にお気軽にご相談ください。根本的に改善するように治療していきます。